CHECK

電子契約は非常に実用的!主流になりつつある技術をしっかり使いこなすための豆知識を紹介

当サイトは非常に実用的な電子契約に関する情報を解説しています。
近年、主流になりつつある技術をしっかり使いこなすための豆知識を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。
電子データでの契約ではPDFの電子署名を活用するのがコツです。
また電子データでの契約を利用すると、面倒な手続きがとてもスピーディになるというメリットがあります。
これから導入することを検討しているのなら、知って来たいポイントとなっているのでおすすめです。

電子契約は非常に実用的!主流になりつつある技術をしっかり使いこなすための豆知識を紹介

利用する企業が増えている実用的な電子契約システムですが、使いこなすためにはコツもあることは知っておきたいところです。
例えば現在でも紙の契約書でなくてはならない契約もあり、認可されている契約のみが電子契約を利用できます。
また取引先が紙の契約を希望する場合には、利用できないことになるため注意が必要です。
さらにセキュリティリスクを知って、信頼できる事業者を選ぶほかいざというときのことも考えて利用する必要があります。

電子契約の最大のメリットは脱印鑑

電子契約にはコスト削減、書面契約に比べてセキュリティ対策を施しやすくなるなどのメリットがもたらされます。
ですが、忘れてはならない利点は脱印鑑がもたらす業務の効率化です。
特に、役職者や責任者にとっては大きなメリットになります。
これらの人々は急な契約が必要になった場合において、書類による契約だと印鑑を持参して相手の元を訪問しなければなりません。
取引先が遠方である場合、この手間はたいへん大きな負担になります。
移動費用のコストも発生してしまいます。
また、新型コロナウイルスの影響で在宅ワークが推進されている現在において、このような移動を伴う業務は身体的にも精神的にも辛いものがあります。
どこからでも契約が交わせる電子契約を用いれば、このような従来型の契約の不利な点を一掃することができます。
加えて脱印鑑の文化が定着すれば、環境に優しく先進的な企業であることをアピールすることにもつながります。
以上のように、印鑑をできるだけ使わない取り組みが会社にもたらす好影響は多岐にわたります。

電子契約には十分な法的証拠力がある

インターネットの普及は、私たちの生活に大変大きな影響を与えています。
インターネットが普及したことにより、様々な書類などの電子化も進んでくるようになりました。
そのことにより、書類の送付などに関しても短期間でほとんど経費がかからずに行えるようになってきています。
このようなペーパレス化の動きというものは、様々な分野に広がってきました。
最近では様々な法的な文書の電子化が行われ、その書類の授受についてもインターネットを介して行うことが可能となってきています。
契約書などについても電子化が進み、電子契約というものが盛んに行われるようになってきました。
心配になってくるのが、従来の紙による契約と電子契約とでどのような違いがあるかということです。
新たな技術ですので、電子契約に法的な効力があるかということが心配になってきます。
結論から言うと、電子契約には十分な法的証拠力があります。
なぜならば、契約自体は口頭での連絡等であっても成り立つ場合が多いからです。
契約書類というのは、そのことを記録に残すという意味合いで使われます。

電子契約の中には無料で使えるツールもある

テレワークの普及とともに、電子契約ツールを導入する企業が増加しています。
中小企業ではまだまだそれほど進んでいない電子契約ですが、脱印鑑による業務の効率化とコスト削減を実現することができるため、小規模事業者にこそ必要なサービスとも言えます。
そんな背景もあり、中小零細企業が手軽に利用できる無料ツールが登場しています。
無料ツールを活用するのに適しているのは、月間契約数がそれほど多くない小規模事業者です。
電子署名や電子印鑑を1ヶ月に数回から5回程度の範囲で利用するというケースであれば、無期限で安全な電子契約サービスを利用することが可能になります。
もちろん、アカウント数や契約書の保管数に制限が加えられていたり、アドレス帳などの便利な機能は有料オプションになるなど不便な面があるのも事実です。
しかし、電子契約をより安全に行うには必須とされるタイムスタンプ機能がタダで利用できたり、アドレス帳機能やアカウント数の無制限にするなど、他社と差別化を図っているサービスも少なくありません。
導入を検討してみる価値は十分にあります。

電子契約を利用すればリモートワークが便利になる

リモートワークをする人が増えている今の時代、電子契約システムを導入することには様々なメリットがあります。
紙の書面でおこなう場合、取引先との契約をするためには出社をしなくてはならないことが少なくありませんでした。
しかし電子契約を利用すればそのような労力を減らすことができ、よりスムーズな手続きで契約をすることが出来るようになる可能性があります。
契約書の作成から承認までの方法はそれぞれの会社によって異なっていたり、同じ会社でも契約書の種類によって違うルートになっていたりすることがあります。
一般の社員が作成して管理職が承認をするほか、役員の承認も得る必要があるケースも考えられます。
これらを全てシステム上でおこなうことができる仕組みが、電子契約システムのワークフローです。
それぞれの会社に合うようにワークフローを設定することで、リモートワークをする人が多い場合であっても便利に活用することができるようになります。

注目を集めている電子契約の様々なメリットと安全性

ビジネスの世界では様々な契約が行われていますが、最近は電子契約が注目を集めています。
電子契約は紙に印鑑で押印する契約書とは異なり、電子署名で証拠を残します。
電子署名を行っている電子文書でも、押印した契約書と同じ効力が認められます。
電子契約には様々なメリットがあり、安全性の面でも高い評価を受けています。
契約書を郵送する作業を省けるので、契約のスピードが向上します。
契約書の保管費用や印紙税も不要になるため、管理コストも大幅に削減できます。
手続きが可視化されるので、更新漏れなどのトラブル防止にも繋がります。
相手側の押印を待つ必要がなく、クラウド上で契約が完結するので作業効率も向上します。
締結した契約書のデータは、クラウド上に自動的に保管されます。
電子署名では、本人確認のレベルや契約の性質に応じて署名のタイプを選択します。
システムから配信されるメール認証によって本人確認を行うタイプだと、迅速に契約を締結できます。

電子契約のデメリットはどういったことがあるのか

従来紙で契約をしていたことも、電子化して企業にもメリットをもたらしています。
ペーパーレスにすることで、紛失などのトラブルも防ぐことができますし、書類保管サービスなども必要ありません。
しかし電子契約にはデメリットも隠れていますので、そちらも考慮の上で使用する必要が出てくるのです。
電子契約をするデメリットは、取引先の理解を得られるか同どうかの問題などです。
電子契約を導入している企業だけでなく、相手方の参画が無いと成立しないために、取引先の認知も必要となってきます。
取引先からすると、契約フローの変更や利用料金支払いを請求されるようなもので、効率化をもたらすとはいえ、抵抗はあるものです。
また、完全に電子契約でできるのではなく、一部契約は書面が義務付けられている場合があります。
そのように完全に移行するわけではないことも、余計に混乱させる要因となっているようです、時代がついてくるようになるまで、気を遣う必要がありそうです。

話題の電子契約を安全に活用してビジネスのトラブルを防止

日本でも話題の電子契約は、様々なメリットを得られるサービスです。
安全に活用すれば煩わしい作業の手間を省き、コストも削減できます。
デジタル化の波は様々な分野に波及し、契約する際も電子契約が注目を集めています。
従来の契約書は紙に押印して作成しますが、電子契約では電子データのやり取りで契約が締結されます。
電子データだとオンライン上で契約できるので、印刷や郵送の手間を省けます。
オンライン契約なら、トラブルを避けながら迅速に手続きを進められます。
電子サインには、指紋認証やメール認証など様々な種類があります。
タブレットを使って手書きで証明する方法は、広く知られています。
電子契約は便利ですが、重要な契約では慎重な対応が必要になります。
電子署名は実印と同様に高い証明力を持ち、最近は電子サインと使い分ける人も増えています。
電子データで管理を行うため、保管する必要がなく管理も簡単です。
内容を確認したい場合は、パソコンを操作して契約内容を素早く閲覧できます。

身近になってきた電子契約。普及率はどれくらいでしょうか。

インターネットが普及し、私たちの周りでも電子契約が当たり前になってきました。
個人では、保険商品など金融商品の契約において紙の申込書に署名捺印していたものが、タブレット端末に電子サインをして手続きが完了するように変わってきています。
企業同士の契約書も紙ベースのものから、電子媒体のものに電子署名する形式に移行しつつあります。
こういった電子契約の普及率は、ある調査によれば43.1%となっており普及が進んでできていると言えます。
これは、2021年に発足したデジタル庁において関連法案が整備されたためであり、コロナ禍の中では対面による契約が難しいといったケースが予想されるため、今後も電子契約による契約が増えていくと考えられています。
一方で、法令で書面締結を義務付けている取引もあります。
例えば、任意の後見契約や一定の年数を超える借地権に関する契約などがあります。
また、企業同士での取引では専用のシステム導入も必要と言われており、普及は緩やかに進んでいくと思われます。

書面を電子契約で交わすメリットとデメリットについて

昨今はコロナの影響もあり、多くの企業が電子契約で書面を交わす機会が多くなりました。
これまで日本には紙文化が根強く残っていて、例えば製造メーカーに製品の発注を行う際の正式書面はFAX送信というパターンが多かったものです。
ただ、コロナの影響でテレワークも増え、オフィスに出勤しない日が増えた関係でそういった文書の契約はFAXから徐々に電子契約に移行しつつあります。
電子による契約にはメリットとデメリットがあります。
メリットとしてはどこで仕事をしていても書類を相手先に送付できる点です。
上司と顔を合わせなくてもメールで承認を頼み、承認印も電子で行えばそれをメールで相手先に送れば完了となります。
一方で、すべてを電子にしてしまうとデメリットもあります。
例えば簡単な修正を行って書類を再送信するような場合です。
これまでは既に送った書類に訂正印を押してそのまま再FAXすれば完了だったものが、電子の場合は些細な修正でも手間がかかってしまうので、余計な時間がかかってしまうというわけです。

電子契約に関する情報サイト
電子契約を使いこなすポイント

当サイトは非常に実用的な電子契約に関する情報を解説しています。
近年、主流になりつつある技術をしっかり使いこなすための豆知識を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。
電子データでの契約ではPDFの電子署名を活用するのがコツです。
また電子データでの契約を利用すると、面倒な手続きがとてもスピーディになるというメリットがあります。
これから導入することを検討しているのなら、知って来たいポイントとなっているのでおすすめです。

Search