CHECK

電子契約ではPDFの電子署名を活用するのがコツ

電子契約ではPDFの電子署名を活用するのがコツ

電子契約でPDFの電子署名を活用するコツですが、個人や企業で電子署名を付与するには2つのシステムを使うことで行えます。
アドビが提供している「AcrobatまたはAcrobat Reader」はPDFの編集、閲覧ソフトで、セキュリティ機能「Self-SignデジタルID」を使うことで証明書を作成できます。
もう一つは電子契約サービスを利用することで、電子文書へ署名の付与・文書データ保管をウェブ上で行えます。
大きく分けて当事者型と立会人型・事業者署名型があり、どちらも偽造・改ざん防止に有効ですが本人確認の厳格性や利便性が異なります。
当事者型だと電子認証局が発行する「電子証明書」を使って、文書の本人性・非改ざん性に対して非常に厳格ですが、立会人型・事業者署名型だとメール認証なので手軽です。
重要な文章な電子認定局が発行するものがよく、紙の契約書だと実印と印鑑証明書になるほど本人確認性が高いので、相手によって変えるのがおすすめです。

電子契約の信頼性を担保するタイムスタンプについて

電子契約とは紙での契約を介さず、電子データでのやり取りだけで契約が完結する方法です。
今までは契約書面と、契約者の押印によって契約が成立する商習慣でしたが電子契約でネット上で完結するようになります。
この電子データだけでの契約における信頼性を担保しているのが、「タイムスタンプ」と呼ばれる技術です。タイムスタンプとは、ある時刻に電子データの存在やそれ以降改ざんされないということ証明する技術です。
タイムスタンプには、時刻情報やハッシュ値とよばれる一定の条件によって求められた固定値で暗号や認証などに用いられます。例えば「パスワードを自動的に生成する機能」というものがありますが、ハッシュ値はこれを応用したものです。
タイムスタンプ・ハッシュ値・自国情報が一致していることが、契約締結の条件となるためこれが異なると契約では無いと認識されるわけです。
このため改ざんは物理的に不可能というロジックから、電子データでの契約が成立します。

電子契約に関する情報サイト
電子契約を使いこなすポイント

当サイトは非常に実用的な電子契約に関する情報を解説しています。近年、主流になりつつある技術をしっかり使いこなすための豆知識を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。
電子データでの契約ではPDFの電子署名を活用するのがコツです。
また電子データでの契約を利用すると、面倒な手続きがとてもスピーディになるというメリットがあります。
これから導入することを検討しているのなら、知って来たいポイントとなっているのでおすすめです。

Search