CHECK

電子契約を利用すると面倒な手続きがとてもスピーディになる

電子契約を利用すると面倒な手続きがとてもスピーディになる

電子契約を利用することで得られるメリットの最たるものが、面倒な手続きが省略できることです。
そのため、作業効率を上げてスピーディに契約を済ませることが可能です。
書面で契約を交わすと、紙に記入する時にある程度の手間を必要とします。
一方、電子契約だと入力で済ませられます。
いちいち専用の書面を用意することなく、フォーマットが決まっているものを記入するため時間の短縮につながりとても便利と言えます。
さらには、書面で契約を交わす時には印紙税と呼ばれる税金を必要とします。
ですので、印紙を貼り付けるのに時間がかかることもありますし、お金を支払う必要もあり面倒です。
その点、電子契約であれば印紙にかかる税金は非課税の対象になっているため手を煩わせることもありません。
ですので、こちらのほうが便利といえるわけです。
そのほか、コスト削減につながり環境にも優しいため、ビジネスシーンにおいて電子契約を導入しているところは主流になりつつあります。

電子契約のシステムと連携するメリットや特徴

電子契約のシステムと連携すると色々と便利で、紙の契約書へ印鑑を押す代わりにインターネットで電子ファイルへ押印・署名を行って契約を締結出来ます。
他にも保管や検索も出来て他のシステムとの連携も出来ます。
サービスごとに様々な契約書のテンプレートもあり文書作成のサポートにも使えますし、承認・稟議が出来るようにワークフロー機能があるタイプもあります。
取引先がサービスのアカウントがなくてもクラウドサービス上で行えるので、紙の契約だと郵送で送付や押印、返送などで数日間必要ですが、電子契約なら数時間で終わります。
また、紙の契約書の交付は金額によって印紙税がかかり、コストだけでなく予め収入印紙を郵便局やコンビニなどで買わないといけませんが、電子なら課税の対象外なので印紙税がかかりません。
金額が数百万円程度なら少額ですが、1,000万円以上になると何万円もかかるためコストを抑えたい時にも利用出来ます。
印紙税以外にも郵送代・封筒代・インク代など、安全にしまっておく保管にかかる費用も不要、様々な手間も省けて人件費削減にも繋がります。

電子契約に関する情報サイト
電子契約を使いこなすポイント

当サイトは非常に実用的な電子契約に関する情報を解説しています。
近年、主流になりつつある技術をしっかり使いこなすための豆知識を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。
電子データでの契約ではPDFの電子署名を活用するのがコツです。
また電子データでの契約を利用すると、面倒な手続きがとてもスピーディになるというメリットがあります。
これから導入することを検討しているのなら、知って来たいポイントとなっているのでおすすめです。

Search